チェックリスト
会社概要特定商取引法表示程度 / 保証について配送 / 送料について店舗情報お問い合わせ
人気の唐揚げ屋さん♪コンテナハウスに移転のご依頼!

今回のお客様は、唐揚げ専門店を経営されています。

元々自宅前で販売されていましたが、コンテナハウスでの営業スタイルにされたいとのことで、移転を含めたご依頼です。

とても人気の唐揚げ屋さんで、事業拡大を視野に入れられていたそうです。様々なご縁が重なり、店舗型ではなくコンテナハウスでの営業を決意されました。

新しいお店をオープンし、さらにこの町を盛り上げたいと話されていました。




オープンされるにあたって、たくさんの厨房屋さんに行かれ、ヒットにもご来店、声をかけさせていただいたのが、またまた担当Gさんです。

ヒットのスタッフの対応や、商品の充実性、調理道具も揃えられるということから、ヒットに依頼されることを決められたそうです。

担当スタッフは「コンテナハウスの依頼は初めてだったので少し不安もありましたが、それよりも自分の知識や経験が増えることにワクワクしていました。ご依頼をやり遂げるために、精一杯頑張ります!」と話していました。




最近、コンテナハウスがブームとなっていますね。

コンテナハウスは、店舗の営業に比べて、自由に外装や内装をカスタマイズやデザインの自由度が高いこと、工期が短くローコストであること、店舗ごと移転できる可能性が高いことが、人気となっている理由ではないでしょうか。


厨房作りには関係ありませんが、コンテナハウスは設置場所によっては基礎工事が必要になる場合があります。今回のお客様の場合も、コンクリートの工事を施しました。

この知識はこれからコンテナハウスでの営業を検討されているお客様に伝えることができたらいいですね。




さて、コンテナハウスは店舗型よりも厨房スペースがコンパクトなことが多いため、厨房機器の配置が難しい点です。

初めてのコンテナハウスで、動線を考えながら移設商品を含めての配置が担当スタッフにとって試練だったようです。


当初は台下冷蔵庫を1台だけ移設する予定でしたが、お客様が知人から台下冷蔵庫を譲り受け「台下冷蔵庫を2台設置したい」ということで、2台設置できるように配置を検討しました。

1槽シンクがない状態で、フライヤー横の壁沿いに台下冷蔵庫を1台設置する予定でしたが、2台ということで1台は写真のように台下冷蔵庫を設置、2台目は2槽シンク右横に設置することを提案しました。




この方法だと台下冷蔵庫を2台設置することができ、作業スペースが増え、作業効率もあがるため、お客様もとても喜ばれていました。




コンテナの依頼は初めてでしたが、厨房の動線が最善になるように、様々なことを想定しながら、提案をさせていただきました。この提案力もスタッフの魅力の1つですね。


ですが搬入設置工事の前日に、お客様から連絡があり、友人から譲り受けた台下冷蔵庫が故障しており、冷えないとのことです。

現在は半導体の影響で中古の冷蔵庫がすぐに売れてしまう状況なので、希望の商品がない状況でした。中古の商品が入荷するまでは、冷蔵機能がない状態ですが、収納や作業スペースとして活用されるとのことです。お客様ご希望の台下冷蔵庫を探す旅は続きます…。




さて搬入設置工事です。

お客様が棚のサイズに悩まれていたので、店舗にあうように約3種類の棚持っていき、実際に設置場所でサイズを見ながら決められました。


私達の強みは商品力にあります。買取の際も機械だけではなく、棚などといった収納類も買取し、再生、そして商品化しています。それに加えて、棚1つで把握ができているシステムがあるので、多店舗でもお客様の希望の商品をお探しすることが可能です。

なので、今回のような商品の選択が可能になります。




すべての工事が終了した際に、お客様から「この台を設置することはできますか?」と聞かれました。すぐに対応できるスタッフは多くありませんが、この日はベテランスタッフが同行しており、快く台の設置を引き受け、これにはお客様もとても喜ばれていました!!





作業終了後には、お客様から「本当にありがとうございました!」と言っていただけました。

お客様から感謝の言葉で担当スタッフにも笑顔が見られました。

ですが、これで終わりではありません。オープンされてからもお悩みがでてくると思います。いつでも担当スタッフに連絡ください♪


ご依頼いただきありがとうございました。


スタッフブログに戻る